男の人

人気の自販機を会社に設置してみよう|ゴクッと一息つきましょう

会社で飲む飲料

自動販売機

自販機をオフィスなどに設置しておくことで、定期的な売上が見込めます。会社の利益にもなり社員の利便性も上がるので、自販機の設置は有効です。電気料金なども省エネのものを利用したり、不要な時に電気を消すことで削減できます。

もっと見る

企業の自動販売機導入

赤い自販機

自販機を設置するなら、商品の補充や管理の全てを請け負ってもらえる業者に依頼することをおすすめします。自販機を設置すると社員に喜んでもらえるだけではなく、利益を得ることもできるためたいへんおすすめです。

もっと見る

職場でコーヒーを飲む場合

スマホと珈琲

オフィスコーヒーを取り扱う企業は多数あります。どの機械を使用しても、本格的な味わいのコーヒーを楽しむことができるのです。取引先やお客様に手軽にコーヒーを出すこともでき、社員のリラックスタイムにも使えます。

もっと見る

飲料が近くにあるといいな

缶ジュース

ここに置いてみようかな

今年も暑い夏が終わろうとしています。外出先で、飲料の自販機をみつけてホッとして喉を潤したこともあったのではないでしょうか。ほとんどの自販機設置の会社が、商品の補充やメンテナンス、管理はお任せ下さいというところが多く、設置のスペースと電気代がかかるということです。各都道府県に十数社程度の自販機設置の会社が存在します。お問い合わせポータルサイトなどを利用していただければ、設置場所に適した種類の自販機を紹介してくれます。この地域で、この機種の自販機またはこの飲料が売れるだろうと予測してくれるのです。案外、容易に設置できそうですね。また、オフィスに設置する場合は、社員に飲みたい飲料のアンケートをとるのもいいでしょう。一息つくことができるようになります。

メリットはなんでしょう

さて、自販機を設置したところで利益につながるかが問題なわけですが、初期投資費用が必要ない会社であれば、用意するのは、新聞紙を広げた1枚分ほどのスペースと、毎月の電気代の支払いとなります。電気代は、季節により大きく異なりますが、平均すると1か月に3000円程度と予測できます。一月に54本の飲料を売りあげれば、もっとわかりやすく計算すると一日に2本で電気代は賄えるということです。電気代は心配ないとすると、やはりどのメーカーの自販機を設置するかということですね。それ以外の自販機にも、個性があり外国語や方言でおしゃべりする機能がついたものや、ポイントカード、ルーレット、バリアフリーのもの、緊急時には備蓄の飲料に代わる工夫もあります。